QLOOKアクセス解析

「お米ダイエット」のルール&セオリー5~9

5.食事は米5:野菜2:肉・魚1の割合で
米5:野菜2:肉・魚1という
バランスの食べ方を提案しています。
これは、人間の歯の数と関係していて、
穀物や豆類をすりつぶす臼歯が20本、
野菜を噛み切る切歯は8本、
肉を噛みちぎる犬歯が4本で、
この20:8:4に相当する食材が、
理想的な食事バランスなのです。
この数値をグラムにして計算する必要はなく、
食事の半分をお米、野菜のおかずはご飯の半量、
肉や魚は野菜の半量といった感じでOKです。
6.食前・食中、お茶や水は飲まない
食事はよく噛むことがポイント。
噛むことで唾液が分泌され、
唾液に含まれるアミラーゼという酵素が
消化・吸収を助けてくれるからです。
食事中にお茶や水を飲むと、
噛む回数が少なくなると同時に、
唾液などの消化液が薄まってしまうので、
「お米ダイエット」では、
お茶や水は飲まないのがルールです。
7.ひとくち100回噛むを目標に
よく噛んで唾液を分泌させることは
とても大事です。
「お米ダイエット」期間中は、ひとくちにつき
100回噛むことを推奨。
お米本来の甘みが感じられますよ!
8.寝る前3時間は食べない
夜は再生・修復の時間で、
この自然治癒力が効率よく働くのは、
空腹睡眠時といわれています。
そのためにも、夜は食べたものが
全て消化された状態で就寝するのが◎。
消化しないうちに就寝すると、
寝ている間でも消化器官が働いて
睡眠の質が落ちることに!
目安は寝る前3時間は食べないこと。
飴玉一つでも消化機能は
同じように働くのでNGです。
9.朝食は活動してから食べる、1日2食が理想
朝は活動の時間で、太陽が昇り、気温が上がる
午前中は体の代謝が主体となります。
食べたものを燃焼し、排泄する時間なので、
積極的に体を動かし発散させることが大事。
朝起きぬけにいきなり食事をすると、
脂肪燃焼や老廃物排泄にまわす労力が
不足するという理由から、ある程度
活動してから朝食を食べることを提案しています。
理想的な食事方法は、お昼前と夕方の1日2食。
これが、内臓に負担をかけずに消化・吸収できて、
ホメオタシスを保つ食べ方としています。

タグ

このページの先頭へ